pharmacist

先輩社員の声

A・N(名城大学)/2015年入社

地域の患者さまの医療の窓口となり、何でも相談できるかかりつけ薬剤師を目指しています

先輩の姿を見て「この会社で働きたい」と思いました

私がこの会社を選んだ理由は、会社説明会に参加した際に、社員の方の人柄の良さや社内の風通しの良さに惹かれたためです。また、店舗見学会では、患者さまのことを考え先輩方が相談している姿や、笑顔で患者さまの相談にのったり投薬している姿を見て、「私もこの会社で働きたい」と思いました。
もともと、薬剤師としての専門性を活かすことができ、患者様とお話できる機会が多いと思ったので薬局を選びましたが、実際に薬局薬剤師になると、患者さまの表情や言葉から病態の変化を感じることができたり、薬だけではなく健康相談を受ける機会も多く、薬局を選んで良かったと思っています。

嬉しさもつらさも、患者さまから頂いています

患者さまから薬の相談や健康相談を受けた際に、薬剤師として自分がアドバイスをして「この間教えてもらって薬がうまく飲めたよ。」「悩みが解けてよかった。」「相談してよかったよ。」と笑顔で患者さまに言ってもらえたときは、医療人として患者さまの役に立つことができ、この仕事をしていて一番嬉しかったです。反対に患者様から薬の相談や健康相談をされたのに、自分の知識不足で答えることができず、「急いでいるから分からないならもういい。」と言われてしまったり、よいアドバイスができず患者さまの悩みや不安が続いてしまったときは、つらいと感じることがあります。仕事の嬉しさもつらさも、患者さまから頂いているので、患者さまが笑顔で帰れるように知識と経験を積んでいきたいと思っています。

ENTRY

下記の中から、ご希望の職種をお選びください。