pharmacist

先輩社員の声

A・K(愛知学院大学)/2015年入社

患者様の生活に寄り添い、この街の薬剤師と言われるように。

薬剤師としての怖さとやりがい

薬剤師(社会人)になって、「他の誰でもなく、自分の知識や判断にて患者さんの命に関わる」ということを実感し、日々緊張感と怖さを感じて職務に当たっています。薬剤師を目指した時から理解していたつもりでしたが、直接患者さまに接する中で強く思い意識をする様になりました。一方で、薬剤師としてのやりがいも感じています。体調不良が改善されて受診が終了しそうな時期に、「体調が悪い時に色々なアドバイスや丁寧な対応をして頂きありがとう」とお言葉を頂いた時は、薬剤師として誇らしく思いました。今後も少しでも自信を持って患者さまと関わっていけるように、日々知識をつけていきたいと考えています。

街の薬剤師になり、地域への医療貢献をしたい。

患者さまからお礼のお言葉を頂戴した時は、「何より自分の存在を認識してもらい、この街の薬剤師に少しでも近づけたかな?」という気持ちになり、嬉しかった事を覚えています。だからこそ、お薬のことをただ伝えるだけではなく、患者さまの生活の質(QOL)が下がらないように、生活に寄り添った服薬方法(情報提供)を患者さまと一緒に考えてお伝えする事に努めています。薬局薬剤師のやりがいであり魅力は、患者さまの生活の一部に関わることが出来るというところです。そのためにも、街の薬剤師になり、地域への医療貢献ができるよう、日々努力していきたいと思います。

ENTRY

下記の中から、ご希望の職種をお選びください。