pharmacist

先輩社員の声

K・H(名城大学)/2015年入社

笑顔を絶やさないことをモットーにしています。

患者さまにとって身近な存在になりたい。

薬局薬剤師は患者さまにとって、常に身近な存在であると考えています。患者さまは様々な不安や悩みを抱えているので、相手の立場になり傾聴する事を心がけています。でも、時にはつらい経験をすることもあります。今まで大学で勉強してきたことを実際の現場で活かすことができず、患者さまからの質問にきちんと返答できない時、また患者さまから「処方せん通りに出してくれているなら薬の説明はいらない。薬だけ欲しい。」と言われた時は、薬剤師として不要とされているようでつらかったです。
反対に「話を聞いてもらえてよかった、ありがとう。」「また、次もよろしくね。」とお言葉を頂いた時や、自分を含め薬局にいるスタッフのことを褒めていただける時はとても嬉しいです。そのような経験が、薬局薬剤師として頑張れる源だと思っています。

雰囲気の良さと地域医療に貢献できることが魅力

調剤業務、服薬指導、薬歴管理といった基本的な業務に加え、私は「添付文書の改訂に関するお知らせ」の管理を任されています。薬剤師として新しい情報を把握することは、患者さまに適切な情報提供を行う上で大変重要なことなので、このようなDI業務を担当することはとても勉強になっています。
今後、高齢化が進み在宅医療が増加すると薬局薬剤師の活躍の場はさらに広がっていくのではないでしょうか。協和ケミカルは、名古屋市を中心とした東海圏に多くの店舗を持っており地域医療に貢献できる企業です。学生の皆さんには、OB・OGの参加する説明会や店舗見学会を通して、職場の雰囲気の良さや風通しの良い社風を感じて欲しいと思います。

ENTRY

下記の中から、ご希望の職種をお選びください。