pharmacist

先輩社員の声

S・S(名城大学)/2015年入社

患者さまの立場になって物事を考えることのできる心優しい薬剤師を目指す。

有意義な時間を持つ日々

私が配属された店舗は総合病院前の立地のため、様々な診療科の処方せんに触れることができ、1年目から幅広く勉強ができるのでとても恵まれた環境だと実感しております。また、店舗で行う健康フェアのポスター作りや、患者さまに配るチラシなどの作成なども行っており、とても有意義な時間を持ち日々業務に取り組んでいます。
ただ一方で、社会人になった今だから思うのですが、学生時代に春休みや夏休みなどの長期休暇を利用して旅行にたくさん行っておけば良かったと感じています。私は学生時代に旅行にあまり行かなかったので、学生時代に戻れるなら国内旅行では日本の風情ある土地を巡り、海外旅行では異国の文化を肌で感じ取り、様々な郷土料理を食べるなどしてみたいです。

患者さまに居心地が良い薬局を作りたい

私が薬局を選択した理由は、実務実習で病院と薬局をそれぞれ経験し、病院よりも薬局の方が患者さまとの距離が近く、コミュニケーションを取りやすいと考えたからです。実際、患者さまの日常生活の事にも介入でき、長期的に携わることが出来るメリットも感じています。今、私が目標とする薬剤師は、患者さまの立場に立ち物事を考えることのできる心優しい薬剤師です。そのための第一歩として、患者さまの話は親身になってじっくり聞く、ということを念頭に接しています。その甲斐あって患者さまから「親切に話を聞いてくれてありがとうね。」と、言っていただけた時はとても嬉しかったです。
まだ1年目ということもあり、基本的な業務を学び行うことに精一杯ですが、今後は患者さまのニーズにあった薬局の在り方や店舗の雰囲気づくりなども更に学んでいきたいです。いつかは店舗をまかされるような薬剤師になり、患者さまに居心地が良い薬局だなと思ってもらえるような店舗を作ってみたいと考えています。

ENTRY

下記の中から、ご希望の職種をお選びください。