pharmacist

先輩社員の声

R・K(金城学院大学)/2015年入社

一人ひとりの患者様と向き合い、かかりつけ薬剤師となる。

薬剤師になれて充実した日々を過ごしています

元々医療に興味があり、将来人の役に立てる仕事を考えた時に、子どもからお年寄りまで誰でも使う薬に関しての知識だけでなく、病気や健康に関しても詳しくなれると思い薬剤師を目指しました。まだまだ未熟で到らないところだらけですが、薬剤師になれて充実した日々を過ごせています。
特に、適正でない用法・用量、飲み合わせ、重複投与に気づいて疑義照会し未然に副作用を防げた時や、OTCで要望のあった商品を仕入れた時など、色々な状況で「ありがとう」と言ってもらえることが嬉しいです。また、体調が安定して転院される際に「薬局はここに来るからよろしくね」と言ってもらえる時は、かかりつけ薬剤師としてやりがいを覚えます。

先輩の対応を見て勉強しています

総合病院の門前薬局で主に調剤業務、服薬指導をしています。色々な診療科があり複雑な処方も多々ありますが、自分で調べても分からないことは先輩方が丁寧に教えてくださるのでとても勉強になっています。まだまだ知識が足りず、患者さまの訴えや相談に対して納得していただけるような話ができなかったときに力不足を感じ、悩むことがあります。ただ、落ち込んでいても薬局にはその後も様々な患者さまが来局されるので、それを態度に出さないように切り替え、自己完結せずに先輩の対応を見たり相談することで同じ失敗をしないように心掛けています。今後は、勉強会にも積極的に参加して患者さまの理解につながるよう努力していきたいと思います。

ENTRY

下記の中から、ご希望の職種をお選びください。