pharmacist

先輩社員の声

A・U(金城学院大学)/2015年入社

向上心をいつも持って、仕事に頑張ります

患者さまと密接な関係を築くことができるのが“薬局薬剤師”

私が薬局への就職を決めたのは、患者さまの症状の変化や経過に携われ、また健康に大きく影響する生活面などを知るために、患者さまとより密接な関係を築くことができるのが薬局薬剤師だと考えたからです。実は薬局実務実習でお世話になったのが協和ケミカルだったのですが、とてもよい雰囲気でスタッフの皆さんからたくさんのことをご指導いただき、自分もこの環境で働き薬剤師として成長していきたいと思い入社しました。この1年、薬局薬剤師として実際に勤務してみましたが、病院との連携でただ投薬するのではなく、患者さまの症状・程度など総合的に判断して対応し、症状が回復したときは達成感を得られます。

薬剤・病態以外の色々な知識が服薬指導に活かされる

この仕事でつらい時は、患者さまの不安な部分・疑問点などを取り除き、より良い治療に貢献したいにも関わらず、知識と説明が合わず患者さまに分かりやすく上手く伝えられないことです。しかし、職場の方々の助言のおかげで、少しずつですが成長できていると感じています。
学生の皆さんには、たくさん遊ぶことはもちろん、自分の知らない世界にも飛び込んで欲しいと思います。と言うのも、短い経験ながら「ただ薬剤・病態の知識だけでは患者さまへの服薬指導が不足する」と、うっすらと見えてきたからです。歴史や地域行事などの色々な知識が服薬指導には活かされます。きっとそれらの知識が得られるチャンスが多いのは学生時代だと思います。だからこそ、学校外でも色々な経験を積んで社会に臨んでいくと良いのではないでしょうか。

ENTRY

下記の中から、ご希望の職種をお選びください。