pharmacist

先輩社員の声

R・M(名城大学)/2015年入社

地域の方が気軽に相談できるような存在になる

卒業後も日々勉強、を実感

私が薬局での勤務を考えるようになったのは、5年次の病院薬局実習を通じて薬局のほうがより地域の方々と接する機会も多いと感じたからです。協和ケミカルは在宅にも非常に力を入れて取り組んでおり、自分もそこに関わっていき地域の方々の健康に貢献することができればと思い、入社を志望しました。
今はまだ知識や経験が不足しているので、患者さまからの質問に対してうまく答えることができなかったり、薬の説明がうまく伝わらないことがあります。改めて、自分の知識の無さと、卒業後も日々勉強が必要であることを実感している毎日です。

処方提案が患者さまの喜びに繋がる

現在は主に調剤・投薬業務を中心に担当しています。配属なった初めのころは調剤メインで薬の種類、用法など少しずつ覚えていき、徐々に投薬行うようになりました。最近では1人で在宅にも行かせてもらうようになり、患者さま宅に訪問し、服薬指導、残薬確認、Drへの報告書の作成などを行っています。
特に在宅では、患者さまや訪問看護の方の話を聞いて処方の提案を担当のDrに行い、次回の処方では提案した通りになったことがあり、薬剤師としてのやりがいを感じました。患者さま本人も薬の服用が楽になったと喜んでいて、薬局以外でも薬剤師が活躍できる場があるという事を実感できました。
今後も調剤や投薬、在宅などの経験を重ねていき、勉強会などを通して幅広く知識を身につけていきたいと思います。さらには、患者さまにしっかりと情報を提供できるようになり、地域の方々にとって信頼でき気軽に相談できるような存在になることができればと考えています。

ENTRY

下記の中から、ご希望の職種をお選びください。