pharmacist

先輩社員の声

Y・T(愛知学院大学)/2014年入社

在庫管理をするときも「患者さまのために」という視点で。

社長との距離の近さと、会社の将来性に惹かれました。

薬剤師としての専門性を活かしながら、患者さまとふれあう時間も多い。そのバランスの良さが調剤薬局に志望を絞った理由でした。いくつもの調剤薬局を見学するなかで、とても印象的だったのが弊社の社長。説明会のときから、「今日は来てくれてありがとう」と一人ひとりに声をかけて、私たちの目線で気さくにお話してくださったんです。「きっと普段から、こんなふうに社員と接しているんだろうな」と思わせるような、とても自然な雰囲気でした。実は大学のOBの先輩からも風通しのいい社風だということは聞いていたので、実際に社長のステキな笑顔を見て納得しました(笑)。
地元の東海エリアに強いことや、在宅医療に積極的に取り組んでいることも魅力を感じた点です。大学の先生から、「これからの薬局は在宅医療に対応できないと時代に置いていかれる」と度々言われていたので、弊社の取り組みには将来性を感じました。

店舗運営の勉強のために、新薬の在庫管理を担当。

1年目の目標は調剤と投薬を習得することですが、店の運営についても知っておくために、在庫管理の一部を任せていただいています。私の担当は門前の市立病院が採用する新薬の管理。お薬の出具合をチェックして発注量を決め、店長に最終確認していただいています。この業務に関わって、在庫を管理することは患者さまのためにも大切な意味があることがわかりました。コスト的には在庫を抱え過ぎてはいけませんが、いざというときにお薬が足りないと患者さまにご迷惑がかかります。“頻繁には出ないけれど時々出る”というお薬もあって、入荷する量やタイミングの判断は難しいのですが、必要なお薬を患者さまに確実にお届けできるように努力しています。
大学で学んだことは基礎的な知識。調剤にしても投薬にしても現実はもっと複雑で、自分の知識や経験の足りなさを実感しています。毎日コツコツと実践を積み上げて、患者さまお一人おひとりの要望にお応えできる力を身につけていきたいです。

ENTRY

下記の中から、ご希望の職種をお選びください。