pharmacist

先輩社員の声

S・T(名古屋学芸大学)/2019年入社

身近な管理栄養士として認知度を上げていきたい

やりたいことができる環境です

町で最も話しやすい、相談しやすい管理栄養士として、地域の方々の健康づくりに貢献していきたいと思い薬局の管理栄養士を目指しました。薬局はたくさんありますが、会社説明会や選考を受けた中で、社員同士の仲が良さそうで、アットホームな雰囲気を感じたことからキョーワ薬局を選びました。病院にも管理栄養士はいますが、堅苦しいイメージがあったり、なかなか栄養指導の予約が取れなかったりする中で、薬局なら一番身近な存在として患者さまに寄り添うことができると思っています。
ただ、キョーワ薬局に管理栄養士がいるということが知られていないため、もっと認知してもらう必要があります。これから店舗でもイベントの回数を増やしていく予定なので、イベントを通して管理栄養士がいること、薬局が気軽に健康について相談できる場所であることを知っていただきたいです。

少しずつ認知度を上げていければ・・・

店舗では常時栄養相談を受け付けており、患者様から依頼があれば対応しています。また、私の所属する店舗では認知症カフェを定期的に開催しているので、そこで講義の時間を頂き日々の食事や生活習慣病についてのお話をしています。他にも他店舗でのイベント参加、会社HP内の管理栄養士ブログ更新、季節に合ったテーマを扱う管理栄養士通信の作成、管理栄養士おすすめOTCの販売などをしています。

実は先日、糖尿病の旦那様とその奥様が相談にみえました。最初は病院の管理栄養士に相談しようと思ったけれど、予約がいっぱいで取れないし、旦那様は病院の堅苦しそうな栄養指導はあまり受けたくないということで、夫婦で薬局に相談に来ましたとおっしゃって頂けました。私がこの会社に入ってやりたいこと思っていたことができていると感じた瞬間で、とても嬉しかったです。
まだまだ薬局の管理栄養士は認知されていないことを実感していますが、患者様や職場の方々から必要とされる場面は徐々に多くなってきているので、そこに応えていけるようにしていきたいと思っています。

ENTRY

下記の中から、ご希望の職種をお選びください。