今現在の
    お二人の状況を教えてください

  • 永田さん

    普段は管理薬剤師として店舗で勤務しながら、学術教育部の研修教育チームに所属して、新入社員研修で担当のコマを持っています。
    店舗勤務だけだと関わる人が限られて視野が狭くなるので、研修教育チームに入って中堅社員の方と関りを持ち視野を広げると同時に情報も色々得たいと考えたことがきっかけでした。
    研修をする側ではありますが、講義の準備段階で資料作成をしたり勉強をすることも多いので、実際には自分自身も成長させられていると感じています。

  • 野中さん

    最初は実務実習と変わらず実習気分でしたが、今は一人の薬剤師として働いている気がします。8月に先輩がいなくなって、しっかりしなきゃと思ったこともあるのかも知れません。
    入社から半年経って店舗業務にも慣れてきたので、「こうしたらどうでしょうか?」と意見を出せるようになりました。例えば、応援先の店舗でやっていた取り組みを所属店舗に持ち帰ってみたり、また別の応援先の店舗に伝えたりもしています。
    私の店舗は小児も多く親御さんのほうが心配が大きいので、即答できないこともできるだけ調べて次回来局時にはお伝えできるようにしています。

永田さん

学術教育部
2013年入社/薬剤師

    実際に研修で
    活きていることはありますか?

  • 野中さん

    大学では薬の勉強は多いですが、病気の勉強は少ないので、研修期間中に得た病識がふとした瞬間に役立つことがあります。特に経験が活きたのは、高齢者疑似体験です。白内障の患者様は黄色と青の組み合わせが見やすいと思っていたのですが、実際には緑に白抜きが見やすいことを研修で学んで、店舗でも実感することができました。

  • 永田さん

    指導した僕の立場としては、担当した吸入指導については、今まで以上に患者様の目線になって詳しく説明するようになりました。

  • 野中さん

    吸入指導も良かったですよ(笑)使い方は紙を見れば分かりますが、実際にどの程度の薬剤が出てくるのかはデモ機がないと分からないので、体験できたのは良かったです。

野中さん

2017年入社/薬剤師

    今年の同期の雰囲気はどう?

  • 永田さん

    雰囲気は良いと思いますよ。今でも月1回のペースで会う仲間もいますし、誕生日を祝ったり休みの日に一緒に遊びに行くこともあります。研修期間中に誕生日を迎えた子がいたら、サプライズでお祝いもしていました。

  • 野中さん

    今年の新入社員はディスカッションでも意見が活発に出ていましたし、明るさや雰囲気から仲の良さは伝わってきました。キョーワは教える側も年齢が近いので、新入社員も話がしやすいので相談もしやすいのかなぁと。

  • 永田さん

    はい、そうかも知れません。他の薬局の友人が同期が3人しかいなくて、年齢が近い先輩もいなかったので、相談もできず早々に辞めたようです。キョーワは同期がちょうど良い人数で仲良くなれる、相談に乗ってもらえるのが良かったです。雰囲気は良いと思います。
    店舗勤務だけだと関わる人が限られて視野が狭くなるので、研修教育チームに入って中堅社員の方と関りを持ち視野を広げると同時に情報も色々得たいと考えたことがきっかけでした。
    研修をする側ではありますが、講義の準備段階で資料作成をしたり勉強をすることも多いので、実際には自分自身も成長させられていると感じています。

    キョーワの新入社員研修の売りは?

  • 野中さん

    他の会社の研修は1ヶ月集中して行いますが、キョーワは週2日本社で残りを現場、という形式なので本社で学んだことをすぐに現場で活かせる、逆に現場でダメだったことを本社で皆で話し合えることだと思います。それとやっぱり、訪問看護ステーションの仕事を見れたことです。

  • 永田さん

    たしかにキョーワの新入社員研修は2か月半と若干長いですが、本社と実地を繰り返すこと、高齢者疑似体験や在宅主義など体験型の研修が多いことが魅力だと思います。RP(模擬投薬)研修も盛り込んでいますが、毎週新入社員の成長が見えて面白いです。
    個人的には、研修後のアンケートで自分の講義が良かった、という回答があると現場で味わうのとは異なるやりがいがあるので、今後も続けていきたいと思っています。

他のクロストークをみる

ENTRY

下記の中から、ご希望の職種をお選びください。