Q&A

TOP > Q&A
お問い合わせ
  • 当薬局をご利用されるお客様へ(Q&A)
  • 医療関係者の皆様へ(在宅医療のQ&A)

「処方せん」は、どんなことが書いてありますか?

診療所や病院などの医療機関にて診察を受け、医師、歯科医師が病気の治療に必要なお薬を選定し、お薬の種類、飲む量、飲み方などが記載された文書です。

どこの医療機関の「処方せん」でも受け付けてもらえますか?

はい。大丈夫です。当薬局は、健康保険による保険調剤が可能な薬局です。全国のどちらの医療機関から発行された「処方せん」でも受け付けて、お薬をお渡しすることができます。

「処方せん」に書いてある通りに、薬局でお薬をもらえますか?

はい。ご安心ください。医師、歯科医師の指示を無視して、薬剤師が勝手にお薬を変更してお渡しすることはありません。また、皆さまの「処方せん」に『変更不可』の指示がない時は、ご意向に応じて同一有効成分であるジェネリック医薬品へ変更させて頂く事が可能となっております。薬剤師が「処方せん」の内容を確認した後、ジェネリック医薬品への変更希望をお聞きしておりますので、ご希望の際はお申し出ください。

「処方せん」があれば、いつでもお薬をもらえるのですか?

有効期間内であれば、いつでもお薬を受け取ることができます。ご都合が良い時に、当薬局へお越しください。尚、「処方せん」の有効期間は、発行日を含めて4日以内*となっております。例えば5月1日に発行された処方せんは5月4日までの有効期間になります。有効期間の4日間には土日・祝日も含まれますので、年末年始、ゴールデンウィークなどの祝日で、4日以内でお薬を受け取れない場合は、診察時に医師、歯科医師にお申し出ください。もし、有効期間が過ぎてしまった場合は、「処方せん」をもらった医療機関へご相談ください。
※(特別に有効期限の記載がある場合を除く)

いつも飲んでいるお薬ですが、医療機関で診察を受けなくてもお薬をもらえるのですか?

申し訳ございません。その都度、医療機関で診察を受けて「処方せん」をお受け取りください。「処方せん」が無い場合は、薬局ではお薬をお渡しする事が出来ません。

本人が「処方せん」を持っていかないと、お薬を受け取る事はできませんか?

いいえ。ご本人でなくても、代理の方が「処方せん」をお持ちになればお薬を受け取れます。しかし、お薬を安全に飲んで頂くために「体調や体質(アレルギー)、副作用歴、他に飲んでいるお薬など」をお聞きしております。ご本人の来局が望ましいですが、ご本人のことを十分に把握している代理の方がお越し頂けると、より安全にお薬を飲んで頂けます。

医薬分業とは、どんなことですか?

医療機関にて診察を受け、診療所や病院などでお薬のかわりに「処方せんが渡されます。処方せんにはお薬の名前や種類、飲む量、飲み方、使い方などが書かれています。 この「処方せん」を保険薬局にもっていくと、お薬の飲む量や飲み合わせ等を確認の上、お薬をお渡しします。お薬の飲み合わせなどで疑問がある場合は、医療機関に確認して医師の指示を仰ぎます。皆さまには安全に安心してお薬を飲んで頂けるように、薬局にてご説明とお話をお伺いさせて頂いております。
「医薬分業」の良い点は、皆さまの健康維持のため、専門家である医師と薬剤師がそれぞれの分野で患者さまをサポートできることです。医療の高度化とともに機能分化が進み、現在の医療には様々な専門分野があります。 それぞれの専門家がチームワークを組み、協力し合うことでよりよい医療の提供が図られています。

ジェネリック医薬品とは、どんなお薬のことですか?

新薬の研究には、多大な費用と時間が必要であり、販売からの数年間は特許により保護されています。ジェネリック医薬品は、新薬の特許期間が切れた後に発売される新薬と同じ成分で、有効性、安全性を厚生労働省が認めたお薬のことです。新しいお薬との違いは、色・形・添加物などです。
尚、すべてのお薬に、ジェネリック医薬品が発売されているわけではありません。特許により保護されている新薬や一部のお薬などにはジェネリック医薬品のないものがあります。詳しい内容については、当店の薬剤師にお尋ねください。

ジェネリック医薬品に変更する場合、どんな利点がありますか?

お薬の開発コストを低く抑えられるため、新しいお薬と比べて皆さまの負担金(お薬代)を抑えることが可能です。また、ジェネリック医薬品の中には、最新の技術により、味や大きさが改良され新薬と比べて飲み易くなっていることがあります。

他の薬局でもらったお薬との飲み合わせについて、教えてもらうことは可能ですか?

はい。お気軽にご相談ください。当店薬剤師が、他の薬局で貰ったお薬との飲み合わせについて、確認の上、ご説明をさせて頂きます。尚、その際はお薬手帳等をお持ちいただけますと、より的確なアドバイスができます。
また、皆さまの飲まれているお薬や健康状態について今後もサポート頂きますので、『かかりつけ薬局』としてぜひ当店をご利用して頂けると安全に安心してお薬を飲んで頂くことが可能です。

サプリメント(健康食品)を飲んでいるのですが、お薬と一緒に飲んでも大丈夫ですか?

サプリメント(健康食品)のみならず、市販されているお薬(OTC医薬品)、お食事の中には、お薬に影響を与える飲み合わせの悪いものがあります。そのため、薬局でもらったお薬を飲んでいる方は、注意が必要になります。
もしよろしければ、当店薬剤師がアドバイスさせて頂きますので、サプリメント(健康食品)、市販されているお薬(OTC医薬品)等の商品名等が分かる物をご持参ください。皆さまの疑問や質問にお答えさせて頂きます。

お薬の服用時間について、色々あってよく分からないのですが?

ご不明な場合は遠慮なく、当店の薬剤師へお問い合わせください。また、一般的なお薬の飲み方としては、1日3回の食事を基準に飲み方が決められています。
食前:食事の「20~30分前」のことです。食べ物や胃液の影響を受けたくないお薬は、食事の前に飲むことが多くなります。
食間:食事の「約2時間後」が目安です。お腹が空いた状態で飲むと効果が良いお薬や、胃の粘膜を保護するための薬などは食間に飲みます。
食後:食事の「20〜30分後」までのことです。主に食事と一緒に飲むと効果が良くなるお薬や、空腹の時に飲むと胃を荒らすお薬などはお食事の後に飲みます。
食直前:食事の「5~10分後
までのことです。食事と一緒に飲まないと効果がでないお薬や、低血糖を起こしやすい一部の糖尿病のお薬などは、食事の直前に飲みます。

お薬を飲むことを忘れてしまいました。どうすればいいでしょうか?

皆さまの飲まれるお薬の内容によって、対処方法とご返答内容が変わります。まずは、当薬局へご連絡をお願いいたします。皆さまに合ったお薬の飲み方について、ご返答をさせて頂きます。ご不明な点に関しては遠慮なく、当店薬剤師へご相談ください。

お薬を飲み続けることに、不安があります。自分の判断で、お薬を飲むことを止めても問題ないでしょうか?

病気の種類や症状にもよりますが、飲むことを止めると病状が悪化することもあります。まずは、当薬局へご連絡をお願いいたします。皆さまの状況に応じたアドバイスをさせて頂きます。

お薬の保管方法で気をつけることはありますか?

お薬の種類によっては、お薬の効果が落ちたり変質・変色したりするものがあります。高温、日光、湿気を避けて、乳幼児や小児の手の届かない場所で保管してください。お薬によっては、冷蔵庫や暗いところで保存が必要なものなど、特殊な保管をお願いするお薬もあります。ご不明な点に関しては遠慮なく、当店薬剤師へご相談ください。

緊急な時であれば、家族や友達にお薬を譲っても大丈夫ですか?

薬局でお渡しするお薬は、皆さまの症状や体質、他の薬との飲み合わせを考えて必要最低限のお薬が処方されています。ご家族で同じ症状であっても、選択されるお薬は異なりますので、他の人にお薬を譲るのは絶対にやめてください。重大な副作用が発現する場合があります。

お薬を自宅まで届けてくれることは可能ですか?

ご自宅にて療養生活をおくり介護を必要としているなど、一部の皆さまにご利用が可能です。お薬の内容や飲み方について、ご自宅で説明をさせて頂きます。また、お薬に関する事以外のご相談にも対応させて頂いています。
尚、医療・介護保険制度を利用して、医師からの指示(在宅患者訪問薬剤管理指導の要請)のもと当薬局の薬剤師がご自宅にお届けしますので、ご希望の際は担当の医師、または当店薬剤師へご相談ください。

介護保険制度を利用して、在宅医療をお願いすることは可能でしょうか?

在宅医療に関して、当社の全ての薬局が対応可能です。お薬を飲まれてからの体調変化を早期に発見し、安全安心にお薬を今後も飲んでいただくため、他の医療職種の方々と協力して在宅医療に取り組む活動を行っています。同じ効果のお薬を飲まれることを防止し、お薬による健康被害を防ぐためにも、当薬局にご相談ください。
また、特殊な技術が必要とされる栄養剤、点滴など輸液の調製にも対応できる設備を整えております。ご依頼がございましたら、当店薬剤師にお問い合わせください。

在宅医療に対応して頂くことは可能でしょうか?

在宅医療に関しては、当社の全ての薬局が対応可能です。お薬の服用状況について状態変化を早期に発見し、安全安心に薬を服用していただくため、他の医療職種の方々と協同して在宅医療に取り組む活動を行っています。居宅および施設サービスのどちらも対応可能ですので、まずは貴法人のニーズをお聞かせください。

輸液調剤や麻薬調剤などに対応が出来る薬局はありますか?

弊社愛知県一部の店舗(名古屋市東区、名古屋市中村区、長久手市、稲沢市)にて、無菌室もしくはクリーンベンチの設備を有しており、在宅輸液調剤が可能です。HPN調製や医療用麻薬の取扱実績も多数あり、ターミナルケアへの対応も積極的に行っております。

在宅医療の対応地域を教えてください?

愛知、三重、岐阜、静岡の東海地区を中心に事業を展開しております。医療保険では距離制限が設けられており、東海地区でもご対応出来ない地域もございますが、介護保険での距離制限はございません。(介護保険:平成27年4月/改訂)対象となる保険により対応可能エリアが異なりますので、まずは弊社までお問い合わせください。

土日や患者様が急変したときなどの対応は可能ですか?

はい、可能です。患者様や先生のニーズに的確に答えられるように最善の努力をしていきます。まずは、弊社までご連絡ください。在宅医療部の担当者よりご連絡の上、改めて詳細な打ち合わせのため、ご訪問をさせて頂きます。

介護福祉施設を運営していますが、入居者さまの院外処方せんを応需してもらえますか?

はい、可能です。入居者やご家族、施設担当者様のご意向に沿って、弊社薬局が対応をさせて頂きます。現在、他の薬局のサービスをご利用中の場合は、現状のやり方や問題点を把握し、改善案を提案致します。また、訪問医師や看護ステーションのご紹介といったご相談も承っておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

当院の看護師の都合が付かない場合、サポートをお願いできますか?

はい。弊社では訪問看護リハビリステーション(寄り添いや)があります。看護師以外にも作業療法士、理学療法士等が在籍しております。ただし、職員の勤務状況によりお受けできない場合がございますので、事前にご相談ください。

お問い合わせ
PAGETOP